わきが治療後に行われることはある?

わきが治療後に行われることはある?

わきが治療後の入院・通院

わきが治療後には、日帰りでそのまま帰宅できることもあれば、入院が必要となることもあります。また、帰宅が可能だった場合でも、数回の通院が必要となることもあります。わきが治療は前提として大手術になるということは少なく、さまざまな方法を加味したとしても手術や施術は1日ないしは2日~3日で完了となるでしょう。ただ、患者の状況によって変わってくるため、そこは医師が判断して決めていくこととなります。治療の方法によっても違うので、まずはわきが治療後にどのようなことがおこなわれるのか、医師としっかり相談しておくことが重要です。これらもカウンセリングの時に説明を受けることができるので、気になる場合はあらかじめ聞いておくことをおすすめします。そうすれば、より具体的な治療の流れもわかってきます。

わきが治療後におこなわれること

わきが治療後は、患者の経過観察やアフターケアをおこなうのが一般的です。わきが治療ではアポクリン腺と呼ばれる汗腺を除去することになるので、皮膚を切開したり注射をしたりします。そのため、どうしても治療を施した場所は観察が必要となります。多くの場合は日帰りが可能で経過観察すら必要ないこともあるのですが、何かトラブルや問題が発生しても困るということで、近年は経過観察にも力を入れている医師も多いです。また、アフターケアをしっかりすることで、より患部を綺麗に仕上げることができます。特にわきが治療の場合は傷痕や痛みが残ることもあるため、治療方法によってはアフターケアも重要途なるのです。それらのアフターケアも含めて、治療の一環だと理解しておくことが重要となります。

日常生活への復帰とわきが症状の確認

わきが治療が終了すれば、日常生活への復帰が可能となります。学校や会社に通っているという方は、やはりすぐに復帰したいと思うこともあるでしょう。その場合、医師がわきが症状の確認をしつつ、日常生活に戻れるかどうか判断してくれます。日帰りの場合は、そのまま次の日から通勤や通学することも可能です。もちろん、その限りではなく、人によっても違ってくるので一概には言えません。担当してくれる医師に相談し、治療後に何か注意が必要なことなどは理解しておくことが重要です。その他、何か違和感を抱いたり、患部で気になることがあったりする場合も、すぐに担当してくれた医師に相談してください。より綺麗に仕上げるためにも、じっくりと相談することが重要です。