ダウンタイムが少ない手術方法はある?

ダウンタイムとは

ダウンタイムとは、わきがの治療後に安静に過ごす期間のことです。
ダウンタイムは、治療内容によって期間は異なりますが、おおよそ1週間から2週間程度と言われています。
ダウンタイムの期間は、重たいものを持つなどの重労働や運動を控えれば、デスクワークなどの日常生活は可能です。
ただワキを固定されているため、洋服の着脱や車の運転なども難しくなります。
そのため仕事にはよりますが、基本的にダウンタイムの期間は休むことが望ましいでしょう。

ダウンタイムが少ない治療法とは

ダウンタイムが少ない治療法には、ワキを切開しない方法です。
わきがの治療と言えば、ワキを切開する方法が一般的ですが、徐々に切開しない治療法も広く普及されています。
切開しなくても、効果の持続も高く、1度の施術で治療ができる方法もあります。
超音波や高周波、電磁波などを用いることで、わきがの原因となるアポクリン腺などの汗腺を壊すことができます。
この治療法はワキを切っていないため、固定する必要もありません。
そのため当日からシャワーなどを浴びることも可能で、日常生活の制限もほとんどありません。
さらに症状によっては注射治療でも十分な効果が得られる場合もあります。
注射は、主に多汗症の症状を改善する効果が期待できます。
多汗症を改善することによって、わきがの症状の軽減に繋がります。
わきが治療を専門に行うクリニックなどによって、治療の内容が異なります。
場合によっては、何度も施術が必要となるものや効果の持続が数ヶ月の治療もあります。
どのような治療を行うかは、費用などの面を考慮しながら検討してください。

ダウンタイムが必要な治療法とは

ダウンタイムは必要となりますが、剪除法は場合によっては、保険が適応されるため費用面を抑えることができます。
剪除法は、ワキを直接切開する治療法のため、手術跡が気になる可能性もあります。
しかしダウンタイムを要しますが、剪除法にもメリットが多くあります。
ダウンタイム以外にも治療の特徴を知り、どの治療が自分に合っているか考えるようにしましょう。
しっかり治療内容について知ることで、自分に合った治療を選択することができます。
症状や仕事内容、費用など様々な視点から治療内容を検討しましょう。
どのような治療を選択するかは、担当医と相談されてください。
これ以上わきがに悩まないためにも、細かな状態を担当医に伝え最適な治療を行いましょう。