人によってわきが治療後の治癒時間は変わる?

わきがの治癒期間

わきがの治療にはレーザーやマイクロ波などを用いた治療法や注射、ワキを切開する手術などがあります。
どの治療を選択するかによって、治療後の治癒期間が異なります。
手術以外の治療法は、施術後に生活を制限する必要はないと言われています。
基本的に施術後、普段の生活を送っても問題ありません。

しかし手術の場合、ワキを切開するため1~2週間程度の治癒期間が必要です。
治癒期間の間は、重たいものを持つ、腕を上げる動作を控えるようにしてください。
無理をしてしまうと痛みなどの原因に繋がる恐れがあるため注意しましょう。

切開する方法によるわきが治療とは

ワキのシワに沿って、数cm程度切開する方法です。
この治療を選択する最大のメリットが、再発の可能性が低い点です。
医師の目で確認しながら、アポクリン腺を切除するため完治率が高くなると言われています。
また一般的に広く普及された治療法であり、症例数も多い特徴があります。
しかしデメリットとして、傷跡が残ってしまう点が挙げられます。
シワに沿って切開するため、目立ちにくいように工夫してくれますが、人によっては気になる可能性もあります。
また治癒期間が必要になるのもデメリットでしょう。
デスクワークや軽めの家事には支障がありません。
しかし仕事内容によっては、お休みする必要があります。
そのため事前にどの程度の生活が制限されるかを確認してください。
また切開する範囲によって、治癒期間は異なります。
切開する範囲が大きくなることで、治癒期間も長くなってしまいます。
治癒期間も、どの程度要するのか質問するようにしましょう。

わきが治療は仕事などに応じて選択して

わきが治療は、さまざまな方法があります。
仕事などの影響で安静にできない人も多くいるでしょう。
そのため医師に仕事内容など詳細に伝えるようにしてください。
こまめに伝えることによって、自分に合った治療を選択することができます。
場合によっては、治癒期間を要しない治療を行うことも可能です。
また、わきがの症状によっても治療法を選ぶ必要があります。
わきがの症状が軽度であれば、注射でも効果を得られると言われています。
超音波とRF波を組み合わせた治療やレーザーなどの治療も選択肢の一つです。
ほかにも多くの治療法があります。
どの治療を選択するかは、医師と相談した上で決定されてください。
メリットとデメリットを把握した上で、わきが治療を行いましょう。