わきが治療後も食生活は変えた方がいいの?

わきが治療後の食事は普段通りでOK

わきが治療後に何か注意すべきことはないか、心配な方も多いでしょう。
基本的にその日のうちに帰宅できますし、普段通りの生活をしてもかまいません。
わきが治療の中には、外科的手術があります。
手術をしたとしても入院する必要はないですし、食事に関する制約も基本ありません。
ただし飲酒については、手術当日はやらないほうがいいでしょう。
手術後2~3日経過すれば飲酒はかまいませんが、最初から飲み過ぎないように注意しましょう。

わきが治療後の食生活には注意が必要

わきが治療は手術の場合、原因であるアポクリン腺を除去します。
よって再発の危険性はまずないと言っていいです。
つまり食生活についても、厳しい制約は伴いません。
ただし食生活によって、わきが以外の体臭がきつくなる危険性があります。
自分の体臭を今後気にせずに済ませたければ、食生活の見直しをしましょう。
日本人でわきがなどの体臭に悩まされる人が増えているのは、欧米タイプの食生活に変化したからと言われています。
わきがなどの体臭対策をするためには、和食中心の食生活に切り替えてみましょう。

肉食中心なら注意しよう

普段の食生活がお肉中心であれば、見直したほうがいいです。
肉ばかり食べていると、私たちの体が酸性に傾いてしまうからです。
もともと私たちの体は弱アルカリ性であると言われています。
それが肉ばかり食べていると、逆の方向に行ってしまいます。
もしお肉や揚げ物中心の食生活を送っているのであれば、魚や野菜なども積極的に摂取したほうがいいです。
栄養バランスの取れた食生活を続けていれば、体臭に悩まされるリスクも低減できます。
またお酒の飲みすぎも体臭をきつくすると言われています。
お酒を飲むのもいいですが、ほどほどに控えるように心がけることも大事です。

体臭が気になるのなら?

わきが治療後も自分の体臭が気になる人もいるでしょう。
例えば夏場の厳しい暑さの時、大量に汗をかくと汗臭くないかと心配になることもあるでしょう。
もし体臭を抑制したければ、アルカリ性の食べ物を意識して摂取するのがおすすめです。
もともと私たちの体が弱アルカリ性であることはすでに紹介しました。
アルカリ性の食べ物を摂取することで、酸性に傾いた体のバランスを回復できます。
アルカリ性の食べ物の代表格は、緑黄色野菜や海藻類です。
サラダや野菜炒め、みそ汁などを取り入れると食生活のバランスも良くなるでしょう。