ワキガ治療の支払いはいつするもの?

現金の場合

わきが治療の費用を現金で支払う場合は、治療当日に窓口で一括払いとなる場合がほとんどです。
治療費用が高額になる場合、過不足がないように事前に説明を受けた金額を全額用意し、きちんと支払えるようにしておきましょう。
そのためには、カウンセリング時に費用に関する説明をしっかり聞いておき、見積もりを出してもらったうえで追加料金などがないかどうかもチェックしておきます。

デビットカードの場合

病院によっては、デビットカードでの支払いを受け付けているところもあります。
デビットカードでの支払いは、治療当日に窓口で手続きを行い、即時に銀行口座から金額が引き落とされます。
デビットカード支払いの場合も一括となるため、現金払いと同様に金額をしっかり把握しておくこと、また銀行口座に十分な残高があるかどうかをチェックしておくことが大切です。

クレジットカードの場合

クレジットカード支払いの場合、治療費用はいったんクレジットカード会社が病院に支払い、患者はクレジットカード会社への支払いを一括から分割払いまで選ぶことができます。
ただし、病院によって分割払いができるクレジットカード会社が限られている場合もあるため、利用の前には病院がどのような対応を取っているかしっかり確認しておきましょう。

一括払いを選択すると、治療当日の支払いは必要なくクレジットカード会社が指定した引き落とし日に費用の全額が引き落とされます。
分割払いを選んだ場合も当日は支払いが発生せず、分割回数に応じた金額を毎月の引き落とし日に支払うことになります。
分割払いができるときは、自分の都合のいい回数を選べるため経済状況を見ながら計画的な支払いプランを立てることが重要です。

医療ローンの場合

わきが治療を行っている病院では、多くの場合医療ローンを組むこともできます。
医療ローンでは、最大で60回程度まで分割が可能です。
医療ローンの場合もクレジットカードのように、治療費用は契約した信販会社などからいったん病院に支払われ、患者は契約した会社に分割回数に合わせた金額を毎月支払うことになります。
そのため、治療当日の支払いはありません。

ただし、医療ローンを組むときに注意しなければならないのは、ローンの契約を治療前日までに済ませる必要があることです。
ローン契約が成立していない状態では治療を受けることができないため、注意しましょう。
また、計画的な支払い計画をきちんと立てることも念頭に置くべきです。

支払い方法は病院によって異なる

わきが治療を行う病院によって、取り扱っている支払い方法には若干違いがあります。
デビットカードの取り扱いがない場合や、クレジットカードで分割払いができる会社が限られている場合などです。
また、病院によっては電子マネーの支払いを受け付けているところもあります。
詳しくは、治療を受ける前に病院にしっかり確認しておきましょう。