セカンドオピニオンをした方がいいのはどんなとき?

手術を受けるべきか迷った場合

最近一般にも広く「セカンドオピニオン」という言葉が知られるようになりました。
セカンドオピニオンは直訳すると「第2の意見」です。
つまり主治医とは別の医者の意見を聞くことで、より治療の広い選択肢の中から患者が自分で選ぶことが目的です。
わきが治療の場合でもセカンドオピニオンをした方がいい場合があります。
例えば手術を受ける前です。
「できればメスを入れずに治療したいけれども手術以外の選択肢はないか?」というときに別の医者に相談してみましょう。
そうすれば、手術以外の治療法でもわきがの悩みを解消できるかもしれません。

治療法を選べない場合

現在ではわきが治療を行っているクリニックの中には、複数の治療法に対応しているところも少なくありません。
いろいろな治療法を提示されて、「どれにしますか?」と医者に言われることもあるでしょう。
しかし自分ではどれがいいのか選べないという方も出てくるかもしれません。
そんな時にセカンドオピニオンを利用するのも一考です。
「このような治療法を提示されたけれども、どの治療法は最も自分に合っていますか?」という形でアドバイスをもらいます。
専門家の助言を聞けば、自信をもってどれか一つ選択しやすくなるはずです。

希望する治療法がある場合

現在ではインターネットなどを使って、わきがに関する治療法を自分で調べることもできるでしょう。
調べていく中で「自分はこの治療法で直したい」という希望が出てくるかもしれません。
しかし主治医に相談してみると「あなたの場合その治療法は適切ではない」といわれることもあるでしょう。
そんな時に別の医者の所に行って、「自分はこの治療法を希望しているけれども本当にこれでは治療できないか?」とセカンドオピニオンを求めるという方法もあります。

説明に納得できなかった場合

自分の身体を医者に預ける形になるので、どのような方法で治療を行うのか、きちんと医者から説明を受けたいでしょう。
しかし中には、十分な説明がなされなかったという場合もあるかもしれません。
もし医者の説明を聞いても治療方針に納得できなければ、セカンドオピニオンで別の医者に相談するのも一つの方法です。
またいくら腕のいいと評判の医師でも相性が良くないというケースもあり得ます。
どうも反りが合わないと感じた場合、ほかの医師の診察を受けるという方法もアリです。
何か治療に不安や不満を感じたら、セカンドオピニオンを受けるのがおすすめです。