手術しなくてもわきがは治るもの?

手術は避けたい

ワキガ治療の方法として最も確実なのは、外科手術です。
わきの下を切開して嫌なにおいの原因であるアポクリン腺を除去します。
アポクリン腺は再生することはないのでしっかり取り去ることができれば、再発する可能性は極めて低いです。
しかし手術といわれると、躊躇する人も出てくるでしょう。
「手術中や術後痛いのではないか?」「傷跡が残ったらどうしよう…」このような不安を抱えている人もいるでしょう。
しかしワキガ治療は進化しています。
手術以外の方法で、しっかりわきの下の臭いをなくすアプローチも出てきています。

ミラドライは人気

ワキガ治療の中でも多くのところが導入している手法として、ミラドライがあります。
こちらはわきの下にマイクロ波を照射する治療法です。
マイクロ波の熱でアポクリン腺を破壊する方法です。
アポクリン腺を破壊すれば再生できないので、半永久的にその効果は持続します。
メスを一切使わないので、傷跡の心配もありません。
施術中は麻酔を用いますので、痛みを感じることもないです。
また所要時間も従来の手術法の半分以下です。
体にもそれほど大きな負担をかける心配もありません。

セルフケアは可能か?

中には「クリニックに行くのも面倒、自分で何とかできないか?」と思っている人もいるでしょう。
軽度のワキガであれば、セルフケアで臭いの気にならないレベルまで持っていくことも可能です。
セルフケアの基本は汗を減らすこと、そして滅菌対策をすることです。
前者はデオドラントなどの制汗剤を使用して対処します。
細菌対策として銀の配合したデオドラント商品を使用しましょう。
銀には細菌の増殖を抑制する効果があるといわれているからです。
しかしいずれもワキガを根治することはできません。
しっかりワキガを治したい人、中程度以上のワキガの方であれば、クリニックで本格的な治療を受けるのがおすすめです。

自然治癒の可能性は?

ワキガは放っておくと治ることはないかと思っている人もいるでしょう。
しかしワキガが自然治癒する可能性は低いと思ってください。
ワキガとは厳密にいうと病気ではなく体質の一種だからです。
ですから何もしなくても勝手に治ることはまず考えにくいです。
しかし年齢を重ねるとともにアポクリン腺そのものやその働きが減少するケースがあります。
アポクリン腺は一種のフェロモンを放出する働きがあります。
ですから生殖器官が終わりに差し掛かるとその働きが必要なくなって、アポクリン腺が減少することはあり得ます。
中高年でワキガに悩んでいるのであれば、臭いが軽減していないかしばらく様子を見てもいいでしょう。