忙しい人でも大丈夫な手術はある?

忙しい人でも大丈夫な手術はある?

忙しい現代人の悩み

毎日忙しく生活している現代人は、悩みがあってもなかなか解決できないということも多いです。その中でも、わきがというのはコンプレックスになっている方も多いです。基本的にコンプレックスは病気ではないと思われていることも多く、わきがなどは病気として認識されていません。そのため、現代人の多くはコンプレックスを抱えたまま生活している人も多いです。ただ、わきがなどの悩みに関しては、日帰りで治療が可能な場合もあります。現代人のように忙しくて入院できないという場合でも、日帰りで治療できるのなら悩みもすぐに解決できるかもしれません。もちろん、わきが治療は手術や施術によって必要となってくる時間も変わってきます。場合によっては入院することもあるかもしれません。ただ、最大でも2日ほどで治療が可能です。そう考えると、忙しい人でもわきが治療は可能と言えるでしょう。

忙しい人でも大丈夫な治療方法

わきが治療の場合、多くの方がおこなっているのが皮べん法です。皮べん法は脇を切除し、わきがの原因となっているアポクリン腺を除去することで治療する方法となります。ただ、他の方法に比べて皮べん法は切開する傷口が大きくなりがちなので、入院を要する場合があります。忙しい人は、自費治療のミラドライ法やクワドラカット法がおすすめだと言えるでしょう。ミラドライ法はマイクロウェーブの電磁波を使ってアポクリン腺の働きを抑止する方法です。クワドラカット法は4mmの機材を使って最小限の傷跡と痛みで治療できる方法となっています。これらの自費治療であれば、日帰りが可能な方法も多々あります。忙しくて入院が難しいという場合には、日帰りで対応してくれる病院・クリニックを探してみてはいかがでしょうか。

入院・通院の判断

入院が必要となるかどうかに関しては、正直なところ医師しかわかりません。医師が治療計画を進める上で、入院が必要だと判断した場合は1日だけ入院するということも多いです。また、日帰りで治療した場合でも、術後観察ということで数回ほど通院することが必要な場合もあります。そこはまず医師と話し合って考えていくことが必要となります。特に忙しい方はあまり入院も通院もしたくないでしょうから、医師に先にそれらの必要事項を伝えておくと良いでしょう。そうすれば、より治療も短期間で済むように計画してくれます。カウンセリングで正直な気持ちを伝えることが重要です。