わきが治療は何歳から受けられる?

中学生から可能なわきが治療も

自分のわきの下が臭うとなると、特に思春期のお子さんには大きな精神的な負担がかかるでしょう。
親御さんの気持ちの中には子供の悩みを解消したいという側面と子供のころからわきが治療しても差し支えないのか心配する思いが共存しているかもしれません。
わきが治療は治療法によって異なりますが、中学生くらいから治療できる方法もあります。
わきが治療の中にはメスを使わない、超音波やレーザーなどでわきがの原因となるアポクリン腺を破壊する方法があります。
この方法であれば、中学生くらいのお子さんでも治療の受けられる可能性があります。

若すぎると繰り返しわきが治療が必要になる場合も

ただしあまり早い段階でわきが治療をすると、治っても後日再発する危険性があります。
わきがの原因であるアポクリン腺は思春期にどんどん増える傾向があるからです。
成長期に真っただ中に治療をしても、後日またアポクリン腺が発達してわきがの症状がぶり返す危険性があるわけです。
ですから思春期が終わって、これ以上アポクリン腺が増えない段階でわきがの治療を行うといいでしょう。
一つの目安として、わき毛が生えそろったら治療を受けてもいいと言われます。

手術であれば成長しきってから

わきがの治療法として、手術というアプローチもあります。
アポクリン腺を直接除去する治療法なので、根治が可能です。
ただし手術でわきがを治そうと思っているのであれば、ある程度成長してから受けさせた方がいいでしょう。
大学生以降、自分に起きたことをしっかり受け止められる年齢になってから治療を受けるのがおすすめです。
わきが手術の場合、手術跡の残ってしまう危険性があります。
思春期の時に手術跡が残ると、本人にとって大きなショックになる可能性があるからです。
何が起きても冷静に受け止められるほど、人間的に成長してからでも遅くはないでしょう。

小学生以下でも行えるわきが治療も

わきが治療の中には、小学生以下でも行えるような方法もあるにはあります。
わきがはアポクリン腺から分泌される体液で細菌が繁殖することで発症します。
この細菌の繁殖を抑制する治療法があるのですが、これなら小学生以下でも治療できるかもしれません。
このように同じわきが治療でも方法によって、開始可能な年齢が異なります。
もし子供のわきがを早いうちに何とかしたいと思っているのであれば、一度医療機関で相談してみるといいでしょう。
専門家のアドバイスを受けることで、精神的にも安心するはずです。